見つめる技術が調和の基本


ビルの内部には空調・電気設備など様々なシステム機器が備え付けられています。

メンテナンスとはこうした設備を維持・保持・管理することであり事故を未然に防ぎ、お客様の財産を不測の損害から守ります。

当社では事故が起きてからのアフターサービスではなく、
予防保全という考え方に基づいて年間契約による保守契約を結び、計画的にメンテナンスを実施し快適な環境を提供いたします。






   
▲ メンテナンス部 安全衛生協議会
 


    実績の中で蓄積したノウハウを組み合わせて建物にあった最適な保全体制を築き、ベストのコンディションを維持するためにコンピューターによるデータ管理も欠かせません。

高度なメンテナンスサービスが提供できるよう、当社では技術者の育成・研修はもちろん公的資格の取得を積極的に推進しています。
TECS(Total Environment Consulting System)  総合環境診断システム   

病院など高度機能施設の環境管理を行うシステム。
人間の五感では感知できない微生物、浮遊粒子、空気条件、放射線などを専用測定器により科学的に測定しそのデータを総合的に分析・評価した結果をまとめて診断書を作成します。
定期的に行うことにより病院設備機能の維持管理と院内感染防止に役立ちます。
設備機器のメンテナンスと組み合わせて行えばより効果的で経済的です。
   


▲ このページのトップへ